イタリアのエレガントな港町ポルトヴェーネレを訪れよう!

詩人が愛した美しい風景

チンクエテッレとともに世界遺産に登録されたのがポルトヴェーネレです。ヴィーナスの港という名の通り、その美しさはイタリア屈指です。国立公園となっている周囲の自然も素晴らしく、セレブリティも訪れる港町らしくエレガントです。たくさんの人を乗せた遊覧船が、のんびりと行き交い、賑わいに満ちた港町は、チンクエテッレとは異なる雰囲気で、多くの旅人を惹きつけています。

偉大なる詩人がこよなく愛し、詩的インスピレーションを大いに得たという風景が今でもそのまま残っているポルトヴェーネレは、古代ローマ時代にまでその起源はさかのぼります。世界を魅了する美しい街の姿は、チンクエテッレ同様におよそ1000年ほどまえに形作られたものです。目を惹くのは、港に沿って壁のように一列に連なる建築群です。これらは、住居であると同時に要塞の役割も果たし、強大なジェノヴァ共和国の海洋支配の要を担いました。現在の港には、大型クルーザーやアンティークヨットが停泊し、カラフルな建物とのコントラストが優美なリゾートムードを醸し出しています。

リヴィエラの魅力が凝縮

おすすめスポットは、断崖絶壁に立つ、サン・ピエトロ教会とサン・ロレンツォ教会です。その荘厳な建築の内部は、ヨーロッパならではの神聖な空気に満たされています。そして、中世の門をくぐった先にあるカペリーニ通りの賑わいも魅力的ですよ。お土産を探すなら、この通りがおすすめになります。異国情緒たっぷりの街の中をくまなく歩けば、旅することの醍醐味がすべてここにギュッと凝縮されていることに気付けるでしょう。

フライアゴーをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です